ボードゲーム

買い戻してよかったゲーム5選

 こんばんは、大佐です。今日は買い戻してよかったゲームベスト5を紹介します。

 去年は引退前に持っていたゲームを買い戻して再評価する一年でした。たくさんの絶版ゲームを買い戻しました。その中で今日は買い戻してよかったゲーム5つをランキング形式で紹介していきますね。

5位:アルカディアの建設

デザイナーリュテイガー・ドーン
プレイ人数2~4人(3人ベスト)(何人でも良い)
プレイ時間45~60分
BGG平均レーティング6.9/10(評価数41000)

ざっくり解説

 5位は『アルカディアの建設』です。過去にプレイした回数は5回ぐらいです。確かSeekerさんにプレイされてもらって購入したゲームですね。懐かしいです。

 テトリスのブロックのような建物をカードを使いボード上に建設します。周囲(辺)を建物か建築家で囲まれると完成します。

 建物が完成すると完成に貢献した建築家の持ち主は紋章を得ます。この紋章は価値が変動するので、うまいタイミングで売りぬく必要があります。

 建物を完成させて、紋章を貰ってそれを上手なタイミングで換金(勝利点化)する二段方式の得点ルールが面白いゲームです。それを1時間弱ぐらいの短時間にギュッと濃縮したゲームです。

・一番の魅力は二段方式の得点ルール

・写真映え〇の中時間で味わえる本格ゲーマーズゲーム!

・2人でも良い!人数を選ばないゲーム性!

・砦の周りに見にくい箇所(死角)ができる

・決算のタイミングが難しく、初見殺しになりやすい

4位:オレゴン

デザイナーヘンリック・ベルク
アーサー・ベルク
プレイ人数2~4人(ベスト3人)(何人でも良い
プレイ時間45分
BGG平均レーティング6.8/10(評価数32000)

 4位は『オレゴン』です。オレゴン州を開拓する絶版ゲームで、美しいイラストとボードが素晴らしいです。あまり攻撃的な要素はなく、かつしっかりプレイヤー同士の絡みもあるゲームに仕上がっています。

 超面白いということはないのですが、安心して遊べるファミリーゲームって感じですね。知る人ぞ知るボードゲームのスタンダード足りえるゲームだと思います。

ざっくり解説

 5種類の柄(馬車、バイソン、家族、鷹、炎)のカードをプレイして、建物と開拓者を配置していきます。建物と開拓者が隣接すれば、特典(勝利点とその他ボーナス)が貰えます。

 一番ユニークなのは「追加ターン」とカード1枚の絵柄を自由にできる「ジョーカー」の存在です。どちらも非常に強力です!この2つをどこで切るか悩むゲームです。

 この2つは建物の特殊効果で復活するので、ある程度思い切って使うことが大切になります。この辺の駆け引きは難易度は低くなく、やりがいのあるゲームになっています。

・攻撃的な要素がなく、安心して遊べるゲーム性

・追加ターンとジョーカーをどこで切るのか悩むのが面白い

2人でも楽しい!

・プレイ人数が少ないとソロプレイ感が強くなる

・人数が多いと待ち時間が伸びてゲームテンポが悪くなる

3位:ビッグファイブ

デザイナーライナー・クニツィア
プレイ人数1~4人(2人以上なら何人でも良い)
プレイ時間20分
BGG平均レーティング6.3/10(評価数193)

 3位はクニツィアの『クワークル』こと『ビッグファイブ』です。BGG評価数でも明らかなように、殆ど流通していないマイナーゲームです。

 日本でのみ売れた可能性もありますね。海外の在庫はほとんどないです。欲しい方はほぼ日本の流通在庫を狙うしかないゲームです。

ざっくり解説

 5つの色と絵柄を盤面で揃えていくゲームです。列にして並べてカードを出しますが、各列は「同じ動物」か「同じ色」で構成される必要があります(上の画像がわかりやすいです)。

 個別のデッキを最初に使い切った人が勝ちで、各列の4~5枚目を出すととボーナスとして手札か山札からカードを箱に戻せます。

 こうしてうまく手札を調整しながら、まとめて効率よく手札を使い切っていくゲームです。シンプルながら面白いです。

・元になったゲームの得点計算のルールをシンプルに!

・キレイに5枚目がパチッとハマると気持ちいいです!

・ソロプレイも可能!2人以上なら何人でも面白いです!

・スーパー場所食い虫です。大きなテーブルが必要です。

・プレイヤー間の絡みは薄めです。

2位:十二星座ゲーム

デザイナートム・シェープス
プレイ人数2~5人(ベスト3人)
プレイ時間45分
BGG平均レーティング6.6/10(評価数344)

 2位は『十二星座ゲーム』です。こちらはかなりマイナーなゲームですが、星座を対象とした影響力比べ(エリアマジョリティー)ゲームです。

 一等星のところは非公開で、二等星のところは公開でコマを置いて影響力を競います。非公開のコマを上手に読む必要があります。ここに心理戦があります。

 隣接するコマを全て無力化する「ブラックホール」はとても面白いです。特にこれを後ろ向きで伏せる時は楽しいです。

 スコアも3位以下に発生する謎の「示談金システム」が面白いです。1位は3位以下の人が置くコマの数だけ点数を払う必要があります。2位の方がお得なケースも発生しえます。悩ましいところです。

・一等星が非公開、二等星が公開のコマ置きシステム

・すべてを無力化するブラックホールが楽しいです!

・文句なしのゲーマーズゲームです。難易度は高いです。

・得点チップの使い勝手が悪い(何かで代用しましょう)。

1位:パトリツィア

デザイナーミヒャエル・シャハト
プレイ人数2~5人(ベスト3~4人)
プレイ時間50分
BGG平均レーティング6.6/10(評価数15000)

 1位はシャハトの『パトリツィア』です。人気絶版ゲームの1つですね。今年コロコロ堂さんが再販されるとのことなので、必ず抑えましょう!この再販は個人的マストバイです。いずれ個別の紹介記事も書きます。

正直、なぜ一度手放したのかわからなくなりました。それぐらい良いゲームです。間違いなく一番の当たりです

ざっくり解説

 カードを使った影響力比べ(エリアマジョリティー)ゲームです。瓦のような塔コマを積み上げて、各エリアの影響力を競います。

 塔パーツはカードを使っておきますが、プレイしたカードで補充されるカードが決まっているのは、なかなかないゲーム性です。

 つまり2手先、3手先を考えて行動する必要があるゲームといえます。人数が多すぎると先の見通しが立ちにくいので4人までに留めておきましょう。2手先ぐらいはざっくり考えて行動しないと勝てません。

・2手先、3手先(2人時)まで考えるゲーム性

・ゆるーく妨害しあえるゲーム性も魅力です。

・勝とうと思うと難易度は高いゲームです。

・噛み合い、巡り運の要素は小さくないゲームです。

今日のまとめ

  • 5位は『アルカディアの建設』です。悩ましいゲーム性を短時間に!
  • 4位は『オレゴン』です。追加ターンが強力で楽しいゲームです
  • 3位は『ビッグファイブ』です。ライトで楽しいパズルゲーム。
  • 2位は『十二星座ゲーム』です。ブラックホールを使うのが楽しいです。
  • 1位は『パトリツィア』です。再販の予定アリ。マストバイです!

 以上です。読んで下さり、ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!