ボードゲーム

『ハイソサエティ』詳細レビュー

貴族の見栄の張り合い合戦。お金の使いすぎには要注意!

 こんばんは、大佐です。貴族の贅沢合戦をテーマにしたゲーム『ハイソサエティ』を紹介したいと思います。

 当記事ではこのゲームの魅力とルールを分かりやすく解説しております。是非最後までご覧いただければと思います。

基本情報

筆者所有の小箱版です。
タイトルハイソサエティ
デザイナーライナー・クニツィア
発売年1995年
プレイ人数2~7人(4、5人ベスト
プレイ時間15~30分
流通状態流通中(1,870円)
言語依存なし
BGG平均レーティング7.1/10点(評価数89000)

ゲームの概要

 プレイヤーは19世紀の貴族です。お金持ちアピールをするために、ステータスとなる諸々を競りを通じて手に入れていきます。また、お金持ちゆえの様々な災厄も降りかかってきます。それを避けるのにもお金が必要です。

 お金持ちアピールするべく、このゲームでは点数となる「贅沢品」を競って入手します。また「災難」から身を守るためにお金を使います。ただしお金を一番使いすぎると没落し最下位になります。

 要するに贅沢品をできるだけ競り落とし、その上で一番お金を使った人にならないようにする競りゲームです。

内容物の説明

 非常にシンプルです。小切手カードと競りの対象物カードの2種類だけです。まず小切手から紹介します。

 小切手は1,2,3,4,6,8,10,12,15,20,25の11種類があります。これが人数分用意されています。この11枚セットが各プレイヤーの所持金です。この構成になっているのはきちんと理由があります。

 次に競りの対象物カードです。これを大別すると以下の3つに分かれます。

  1. 持つと点数になる「贅沢品」と2倍カード
  2. 競り落としてはいけない「災難カード」

災難カードはそれから身を守るためにお金を出し合う形で競ります。

準備

 これだけです。この3ステップで準備完了です。

  1. 各プレイヤーは色を1つ選び11枚の小切手セットを受け取ります。
  2. 競りの対象物カードを裏向きによく混ぜて、積み上げます(山札)。
  3. 適当な方法でスタートプレイヤーを決めます。
猫さん

この圧倒的シンプルさ!すごいです。

ゲームの流れと競りのルール

 スタートプレイヤーは山札の一番上を1枚めくります。この1枚が今回の競りの対象物です。これらを小切手を使って競っていきます。競りの入札開始はスタートプレイヤーからです。

 競りには普通のオークション形式ですが、ちょっと変わったルールがあります。贅沢品と紋章は以下のルールで競ります。

  • 競りの順番はスタートプレイヤーから時計回りに行います。
  • 入札するかパスするかの2択です。パスすると競りに復帰できません。
  • 入札する時は入札額分の小切手を公開します。小切手あるいはその組み合わせにない金額は入札できません。
  • 自分の入札を上乗せする時は、すでに公開した小切手に追加する形でのみ行えます。一度見せた小切手はパスしないと引っ込められません。
  • 最後の一人になったらその人が落札者です。公開した小切手を払い、贅沢品を獲得します。公開した小切手でのみ支払いが可能です。
  • 小切手の両替はできません。

競りの例

 以下競りの例です。スタートプレイヤーが6を入札しました。それにオレンジが10で入札し、緑が12で入札しました。

 二巡目、青は6に足す形でしか入札ができません。青はパスを選択し、競りから抜けます。公開した小切手を回収します。

 オレンジは公開した10に6の小切手を足して合計16の入札で対抗します。

猫さん

見栄っ張り貴族なので、一度出した小切手は引っ込められない!そう覚えておけば間違いないです。

 これに対し緑も折れてパスしました。オレンジは10と6の2枚の小切手を支払います。小切手を箱に戻し、贅沢品の6を受け取ります。

一番すごいルールは小切手の両替ができないことです。金額よりも枚数を意識して入札するのがコツです!

災難カードの場合

 災難カードのみ以下の点のみが普通の競りと違う点です。

 災難カードはパスが1人出たらそこで終了です。パスした1人を除いて全員が入札額を支払います。パスした人が災難カードを受け取ります。

要は災難を押し付ける競りを行うわけです。

災難カードの効果

 どれもなかなかイヤらしいです。できることなら引き取りたくないです。

  1. 火事:所有者の勝利点を半分にします。
  2. スキャンダル:単純に-5点のカードです。
  3. 盗難:受け取ると贅沢品を1つ処分し、箱に戻します。

 盗難カードは贅沢品を持っていない人が受け取った場合、次に贅沢品を競り落とすまで、盗難カードを捨てないでください。次に競り落とした贅沢品と一緒に盗難カードを箱に戻します。

贅沢品がない場合、盗難カードは次に競り落とした贅沢品を捨てるまで居座り続けます。

競りの例(災難カードの例)

猫さん

げえっ!盗難カード!5の贅沢品は捨てたくない!受け取りたくないんで小切手の10を入札しまーす。

反論くん

クルーザー(8)を捨てるわけにはいかん!15を1枚入札!

Twitterバード

(20ぐらいまで釣り上げておくか)20を入札するッポー!

猫さん

じゃあ仕方ないんで、10に15を足した25でさらに入札!

反論くん

絶対にお断りする!20の小切手を足して合計35!

Twitterバード

経済力半端ない!マジパない!無理なんで降りまーす(たっぷり絞りとれたぜ!)

 上記の例だと猫さんが25、反論くんが35払って、Twitterバード君が盗難カードを受け取ります。

 ネガティブカードの競りはパスした人が落札者です。お金は他の全員が支払う必要があります。降りるならたっぷり搾り取りたいですね(笑)。

次の競りを開始する

 常に競りの落札者が次のスタートプレイヤーです。時計回りでないことに注意してください。わりと混乱します。

Twitterバード

つまりさっきの例だと僕からってワケだね!

ゲームの終了

 4枚ある赤枠の競りの対象物が全部めくれると直ちに終了です。つまり赤枠のカード最後の1枚と、山札の残りのカードは誰のものにもなりません!

 最短で4枚でゲーム終了ということです。滅多にありませんが(笑)。

親切な方に教えていただいて、修正させていただきました。教えてくださり、ありがとうございました!

ちなみに僕は5枚でゲーム終了を一度だけ体験したことあります。すごい確率だと思います。

没落判定

 ゲームが終了すると全員は残り所持金を公開します。小切手の総額を比較して一番低い人は問答無用で最下位です。複数人が該当するなら、全員が最下位です。

反論くん

盗難カードに35も入れたけど、もしかしてやり過ぎた?

猫さん

あまりの必然に賭ける言葉もない(笑)

勝敗の決定

 没落しなかった人で勝利点を競います。赤枠のカードの2倍と1/2は勝利点を全て足した数字に適用します。最も勝利点の高い人かつ、没落していない人が勝利です。勝利点の計算方式は以下の順で行います。

  1. 贅沢品の書かれた勝利点を全て足します。
  2. スキャンダルカードがあれば勝利点から5点を引きます。
  3. 2倍カードの効果を適用します。複数枚あれば4倍、8倍になります。
  4. その後1/2カードがあれば、それを適用します。

タイブレーク(同点時の優劣)

 版によって違います。2パターンあります。良いと思う方を採用するか、所有のエディションのルールに従うのが良いと思います。

  • 残金総額が多い人が勝利(落札効率が良いので)。
  • より高い数値の贅沢品を持っている人(必ず決着がつく)

 前者は引き分けがあり得ますが、落札効率の良さで決まるので納得感があります。後者は引き分けのリスクがないのが魅力です。

僕個人としては残金総額の多いルールの方が好みですね。

まとめ

  • 競りはスタートプレイヤーから入札します。2回目以降は落札者が常にスタートプレイヤーです。
  • 入札するか競りから抜けるの2択です。抜けたらその競りには復帰できません。
  • 入札は手札から小切手を公開します。公開した小切手の総額が入札額です。
  • 2度目以降の入札は、一度目の入札はそのままで小切手を足して入札してください。以降は常に公開した小切手に付け足す形で入札します。
  • 災難カードの競りは入札を諦めた人が以外が全員支払います。落札者は入札を諦めた人です。つまり次のスタートプレイヤーです。

終了条件と勝利判定

  • 赤い枠のカード4枚を全て競り終えたらゲーム終了です。
  • 残った所持金を公開し、最も少ない人が脱落(最下位)です。複数人が該当したら全員脱落します。
  • 脱落しなかったプレイヤーの中で勝利点が最も多い人が勝者です。
  • 勝利点の計算は以下の順番で行います。
  1. 贅沢品の書かれた勝利点を全て足します。
  2. スキャンダルカードがあれば勝利点から5点を引きます。
  3. 2倍カードの効果を適用します。複数枚あれば4倍、8倍になります。
  4. その後1/2カードを適用します。

間違いやすいところ・疑問に思いやすいところ

  • 競りを開始するのは常に落札者です。時計回りではありません。
  • 一度入札した小切手に上乗せする形でしか、追加の入札はできません。
  • 小切手の両替は不可能です。つまり同じ小切手を2回落札に使うことはできません。
  • 勝利点の計算は、全ての×2の後に1/2を適用します。

評価と感想

 まずは公平に良いところと悪いところに触れていきます。

  • 競りに明確な相場がなく、最も入札をした人を軸に入札額が決まっていくシステム。
  • 小切手の両替が不能で、少額の小切手も大切というゲームバランスの妙。
  • 終了タイミングが程よく調整されており、どこで終了するかでゲーム性が毎回結構変わるところ。
  • 最少のルールで最大の面白さみたいなゲーム性。全てにおいて無駄がない。
  • 参加者次第でゲーム性が大きく変わるところ

  • 競りの相場が集団心理で決まるので、集団心理を読むのが苦手な人にはとことん辛いこと。
  • 記憶力が良い人が非常に有利なこと。使用済み小切手の記憶はした方が有利です。
  • ルールはシンプルだが、ゲームを楽しむためのスキル面の難易度が高い。難易度は60分ゲーム相当です。
  • 一回目の入札を軸にオークションが進むこと。計画的な入札と小切手の使用が求められます。
  • 可能性として最小4枚でゲームが終わる可能性があることには賛否が分かれそうなところ。

どんな人におすすめ?

 正直、ルールのシンプルさとプレイ時間は短いです。しかし、技術介入度はとても高いです。とにかく小切手の使い方、入札の付け方が難しいです。

 なので本作は短時間であるのにも関わらず「本格ゲーム」扱いとしました。ゲーム慣れした人同士で遊ぶのを推奨します。

 クニツィアの作品5つぐらい遊んでみて、合うようなら全然問題ないと思います。是非トライしてみてください。むしろ、そういう人には避けて通れない作品の1つです。

おすすめの人数

 4~5人がベストです。人数が増えるほどお金の総額が増えるので、入札額がインフレなゲームになります。

 Borad Game Geekの投票では3人も8割の人がお勧めしているので、問題ない人数だと思います。お金の総額が少ないのでデフレな競りになりがちですが、楽しめないことはないでしょう。

個人的な感想

 クニツィアという作者は競りゲームを多くデザインしており、競りゲームの名デザイナーでもあります。本作『ハイソサエティ』はその中でも代表作級の作品ですので、クニツィア好きは避けて通ることはできないでしょう。

 とにかく何もかんも悩ましいです。小切手の配分、使い方、入札の仕方。それに加え、集団心理で決まる入札相場。プラス、ランダムな終了タイミング。全てが常に選択と決断を迫る要素しかありません。

 これらを総合すると、ルールは簡単だが非常に難しいゲームといえます。非常に面白いですので、是非慣れた頃合いにはチャレンジしてほしい作品の1つです。現行流通品なので入手は容易な部類です!

推定プレイ回数10回程度
僕のplay:game点数評価7点/10点(良いゲーム。大抵プレイしたい)
今後の予測変動幅6~9点(現状10点はない寄り)

 

『ハイソサエティ』を買う!

 古いゲームであるのにも関わらず流通中です。25年前のゲームなのに流通しているという実績あるゲームです。在庫があることに感謝したいですね。

 お勧めはAmazonですね。2000円以上で送料無料なので、合わせ買いするなら送料無料のハードルは一番低いです。

 単品買いならYahooショッピングの「軽井沢Vittaあそび堂」がお勧めです。送料200円と非常に安いです。僕ならこの2択で悩みますね。

こちらの記事もおすすめ!