ボードゲーム

『ライナー・クニツィアの革命万歳』レビュー

王党派か革命派か?争いの風向きを読んで、勝ち馬に乗れ!

ざっくり解説

 このゲームは青(王党派)と赤(革命派)の2色のカードの数比べです。プレイヤーは手札を11枚持ち、1枚ずつプレイして数比べを行います。カードの数値は0~5です。

 この時に場の合計数値の高い色が勝利します。勝利した色で最小の数値を出した人がこの回出されたカードの束を受け取ります。この時束の一番上のカードは勝利した色のカードを置き、どちらが何回勝ったのかカウントします。

 これをどちらかの勢力が4回勝つまで繰り返します。4回勝った方が今回の勝利した色(勢力)です。手札に残った勝利した色1枚が1点、数比べの際に受け取った束の中で勝利した色のもの1つに付き1点になります。何回かやって最も点の高い人が勝利します。

2色のカードの数比べ→どっちかが4回勝つまで繰り返す→勝った色の手札残りカードと、取った束の中で勝った色のものが点数になるゲームです。

長所

 低い数字もバッティングする(同じのが出される)と束が受け取れません。なので0だけでなく、1や2にもしっかり出番のあるデザインになっていると言えます。

 高い数字を出せば、その色を勝たせられるが束を取れないこと。かといって低い数字を出せば、そもそもその色が勝たないし被ると束も取れないことです。

典型的なあちらを立てれば、こちらが立たずなゲームだね。クニツィアジレンマ全開!

短所

 シンプルすぎること。少し単調なゲームになったしまった感があります。推し勢力のカードの反対勢力の弱いカードを出すことの裏目が少ないです。

 基本手札に残ったカードが点になるルールは頑張らなくても達成できます。なので人に頑張らせるムーブが強いです。これで勝った時は非常にあっけなく感じられます。

ベストプレイ人数

 まずこのゲームにはロシア革命(全員同士プレイ+山札NPC)と、フランス革命(順番出しNPC無し)の2つに分かれます。

 このゲームは取った束の数が人数が多いほど分散しやすいです。束の点数重要性も担保しつつとなると人数は少ない方が良いです。なので3~4人が良いと思います。

 もう少し深堀りすると、場に出るカードが偶数の方が数字の重要性があがります。なので同時公開のロシア革命は3人(次いで5人)。フランス革命は4人がベスト説を提唱します。

場に出るカードが奇数だと枚数勝ちした勢力が勝ちやすいよ。数字の意味が薄くなりやすいので、場のカード枚数が偶数になる人数を強く推奨するよ!

個人的な感想

 クニツィアの典型的な「あちらを立てればこちらが立たず」なジレンマ全開のゲームです。よく言えば鉄板デザインのゲーム。悪く言えばありがちなゲームです。

 2種類の遊び方が用意されているのは良いことです。ちなみにどちらが上級ルールかという上下の関係ではなく、2つのルールは別々の違うゲームだと思います。

 たぶん一番向いているのは気軽なゲームを遊びたい人です。ロシア革命ルールを5人で遊ぶことが一番かと思います。パーティゲームみたいに遊べるかと思います。フランス革命は誰を勝たせるか問題もあり、気軽に遊びたい人には向いていないと思います。

 プレイ回数は数回。同時公開のロシア革命ルールが大半です。フランス革命はあまり遊んだことがありません。

 個人的にはちょっと単調かなと思います。推し勢力の反対勢力の弱いカードを出せば、推し勢力のカードを温存しつつ、反対勢力が勝っても束が受け取れます。この戦術を全員が理解すると、今度は運ゲーになる気がします。なのでイマイチな感を覚えています。

 悪くはないと思います。しかし、積極的に遊ぶかと言われると難しいところです。ちょっとシンプルすぎますね。たまに遊べればいいかなぐらいのゲームに感じました。

大佐さん曰く、パーティゲームとしてロシア革命を5人で遊ぶのが一番だと思うとのこと。フランス革命は何層向けなのかわからないらしい。

こちらの記事もおすすめ!